鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 海水


項目
ID⇒#1875
キーワード海水
ソース情報
品詞
内容
濃度35%の塩化ナトリウム食塩水溶液食塩イオン交換膜使った電気浸透よって濃縮された真空蒸発させて取り出します1)

塩素食塩原料食塩電解よって取り出します火力発電などのエネルギープラント冷却しても大切です電池電解液使われます2)

3)

淡水比べて浸透圧高いためコイフナなどの淡水魚は魚より腎臓発達しています





参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 九州鉄道管理局, 九州温泉海水浴案内, , (2019/08/21 16:51:26).
(2) 日本海水学会, 日本海水学会誌 24-25(1, , (2019/08/21 16:51:26).
(3) 益田一, 魚 海水編, , (2019/08/21 16:51:26).
(8) , 松岡進 瀬戸内海水軍史, , (2019/08/21 16:51:26).
(12) , 海洋のスペース利用と海水の利用開発, 海洋開発センター出版局, (1971.12).
(13) 伊藤剛著, 河川計画上の諸問題(洪水波の逓減と河口海水溯上), 電力中央研究所, (1963.3).
(14) ウィリアム・ルーベイ[ほか]著/竹内均訳, 海水と大気の起源, 講談社, (1976.9).
(15) 松岡進著, 瀬戸内海水軍史, 瀬戸内海文化研究所, (1987.5).
(16) 蒲原稔治, 岡村収共著, 原色日本海水魚類図鑑, 保育社, (1985.7).
(17) 蒲原稔治, 岡村収共著, 原色日本海水魚類図鑑, 保育社, (1985.7).
(18) 柚木学編, 瀬戸内海水上交通史, 文献出版, (1989.8).
(19) 湊正雄著, 変動する海水面, 東海大学出版会, (1980.10).
(20) 湊正雄著, 変動する海水面, 東海大学出版会, (1980.10).
(21) 堀部純男編, 海水の化学, 東海大学出版会, (1970.11).
(22) 堀部純男編, 海水の化学, 東海大学出版会, (1970.11).
(23) 小山忠四郎, 半田暢彦, 杉村行勇共編, 湖水・海水の分析, 講談社, (1972).
(24) 小山忠四郎, 半田暢彦, 杉村行勇共編, 湖水・海水の分析, 講談社, (1972).
(25) 柚木学編, 日本海水上交通史, 文献出版, (1986.5-1987.9).
(26) 柚木学編, 日本海水上交通史, 文献出版, (1986.5-1987.9).
(27) 柚木学編, 日本海水上交通史, 文献出版, (1986.5-1987.9).
メニュー
シラバス/検索/海水…
講義内容/検索/海水…
講義ノート/検索/海水…
研究ノート/検索/海水…
ファイル/検索/海水…
研究テーマ/検索/海水…
論文/検索/海水…
書籍名/検索/海水…
雑誌名/検索/海水…
材料名/検索/海水…
>ウィキペディア/海水…
エンジニア/検索/海水…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧