鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 DRD156
MolViewSvg
DRD156

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#1408@化学種;
要約【化学種】DRD156⇒#1408@化学種;
化学種名DRD156
よみでぃあーるでぃ156
英語名4.4'-bis(1-p-carboxyphenyl-3-methyl-5-hydroxyl)-pyrazol
物質群 > @
分類 
式量 = 434.40812 g/mol
組成式C22H18N4O6
CAS.#
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素炭素水素窒素酸素
別名
DRD156を主成分とする材料DRD1564,4′‐[3,3′‐ジメチル‐5,5′‐ジヒドロキシ‐4,4′‐ビ[1H‐ピラゾール]‐1,1′‐ジイル]ビス安息香酸
鷹山OID1.3.6.1.4.1.22689.2.1.9.1408
情報
タイトル反応式反応性
DRD156のラジカル化
  C22H18N4O6  →   H + C22H17N4O6
DRD156アニオンイオン化
  C22H18N4O6  →   C22H17N4O6- + H+
  
説明引用
4.4'-bis(1-p-carboxyphenyl-3-methyl-5-hydroxyl)-pyrazol

文献Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopyというタイトル発表しておりDRD156の合成方法述べているNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy1)

出版Xiao-Xia Guoらは2002年にSinglet oxygen trapping by DRD156 in micellar solutionsについてXiao-Xia Guo達は図はタイムコース4.5時間6時間290μMのローズベンガル重項酸素の相対的な強さのモニタリングであり外部重項酸素の存在が内部重項酸素の生成阻害したと述べているSinglet oxygen trapping by DRD156 in micellar solutions2)


研究対象DRD156の分子軌道計算3)

薬品保管用冷蔵庫の奥から出てきた使用済み試薬4)
 
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧